TOP > ホテルに行こう!
ブロぐるめ!の特集/連載 : ホテルに行こう!

2010年08月23日

仙台ロイパで女性精鋭チームプロデュースのランチが誕生

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性スタッフによる商品開発チーム「Roses Woman Dream Project」の
初企画となるレディースランチをスタート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          @仙台ロイヤルパ―クホテル

洋食集合ヨコ.jpg
仙台ロイヤルパークホテルでは、今年6月中旬に女性スタッフだけの
商品開発チーム「Roses Woman Dream Project」を発足させたという。

同ホテルはもともと女性客が多く、平日のレストランは女性同士の利用が9割を占める。
こういった現状を受けて、もっと全面的に、もっと効果的に女性客に
プロモーションを行なおうと、笹井高志総支配人の呼びかけによって社内の女性スタッフが
集められたそうだ。

チームのメンバーは、ホテルのアートディレクターをはじめ、フロント、レストラン、
エステ、調理、総務、営業企画部など部署もばらばら。年齢も20〜40代と幅広い。


そして、そんな女性精鋭チームが開発した第一弾企画が登場!!

それは、美白・美肌をテーマに考案した「レディースランチ〜美楽(びらく)〜」!

日焼けや紫外線のダメージを受けた肌に効果的とされるビタミンやコラーゲンを
たっぷりと含む食材を使用し、食べ合わせの相乗効果も意識。
見た目の「美しさ」はもちろん、一品一品に会話が弾むような「楽しさ」があり、
手間や時間をかけずに「らく」に美肌を手に入れられるランチだ。

これは女性にはありがたいっ!

「レディースランチ〜美楽(びらく)〜」は、4種類。
洋食・和食・中国料理・鉄板焼きの4店舗で、それぞれのランチを楽しめる。

今年の激しい紫外線に、負けるな乙女たちよ。
ミーティング風景.jpg

posted by HOTERES at 21:32| ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ --オールデイブッフェ 「コンパス」をオープン

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズが先月、2階のオールデイブッフェ「コンパス」をオープンしました。

イラストパースモデル昼.jpg

ブッフェスタイルのレストランの特性を鑑み、サービス料を請求しないとのこと。
和・洋・中の専門シェフが1レストランに集結し、ブッフェスタイルで料理を提供するのは横浜では初めてだとか。
それぞれのシェフがゲストの目の前で調理し、ライブ感のあるレストランです。

店舗に入って目をひくのは大きく設置したパフォーマンスキッチン。ここで、和食は同ホテル8階の日本料理「木の花」から、中華は3階の中国料理「彩龍」から、洋食についてはコンパスのスペシャリテとしてフレッシュフォアグラのソテー、和牛のローストビーフなどが提供されます。

また、パフォーマンスキッチン内にはピザ釜が設置されており、ここから焼き立てのピザが。

半円形のソファはグループパーティーなどにも使えそう。

当日は「コンパス」のオープンを記念してテープカットが行われました。左から
マーク伊東デザイン事務所代表のマーク伊東氏、俳優の金田賢一氏、相鉄ホールディングス株式会社代表取締役社長の鳥居眞氏、日本スターウッド株式会社取締役開発担当部長の橋本和宏氏、タレントの福田萌さん、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ取締役社長兼総支配人の鈴木朗之氏
tapecut.jpg
posted by HOTERES at 19:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

星のや京都 (後篇) 週刊ホテルレストラン編集局長 久保亮吾

客室3.jpg

さて、前篇がホテルへの「アプローチ」について書いたので、
後半はその反対について書こうと思う。つまり去り際の話である。

しかし、この場合、「アプローチ」の反意語として適切な言葉は
なんだろうか?
後篇になってみて、そこにつまずいた。

「leave」
だろうか、
「depart」
だろうか・・・。

つたないボキャブラリーの中をしばし回遊してみて、
なんとなく僕の頭の中でしっくりきたのは
「リリース」
という言葉。

釣り用語でキャッチ&リリースという言葉があるが、
ホテルを主語にした場合、お客様を捕まえ、放し、また捕まえる
ということだろうと思う。
なにが言いたいかというと、
捕まえ方も大事だし、放し方も大事だということ。



それはそうと、せっかく「ブロぐるめ!」との
コラボブログなのだから、食事のことについて書いておかねばなるまい。

敷地に入ると、いくつかの建物が点在する星のや京都であるが、
チェックインカウンターも備えたライブラリー近くの二階建ての
建物の中にダイニングがあり、夕食はここで。

星のやダイニングでは食事デクリネゾンスタイルでいただく。
星のやの広報のSさんいわく、
「デクリネゾンとは、多彩な調理法や他の食材との斬新な組み合わせ
により、素材の個性を存分に引き出し、本当の美味しさを楽しむ
新しい食のスタイルです」
とのこと。

また、提携レストランもさすがのラインナップで
「京都吉兆」
「いく田」
「老香港酒家京都」
などを紹介していただける。

さて、話は「リリース」に戻る。

リリース前に大切なのは、朝食だ。
朝食のクオリティは、これすなわちホテルの格に直結するかもしれない。

前日、チェックインした際に
広報のSさんに「洋食と和食が選べますが、ぜひ和食を!」と
勧められ、和食を選択した。

で、翌朝、お部屋にセットされたのがこちら。
IMG_6236.jpg

静かな朝の中で、ぐつぐつと野菜たっぷりの湯どうふが。
旬の京野菜や嵯峨野の名店「森嘉」の豆腐を、旨みのあるお出汁が
たっぷりと張られた鍋にさっとくぐらせていただく。
豆腐がのどを通ると、
「ほおー」
っと、深い息をついてしまう。
まっこと上質な朝である。

ぜひ、ゆっくりと朝食をとり、豊かな朝を過ごしていただきたい。
と、えらそうに書きながら、僕自身は次のアポがあったために
早々に退散。
不調法で申し訳ない・・・。

チェックアウト時にフロントの方がこんなものをくれた。
なんと、これに領収書を包んでくれるのだ。
ホテルのロゴが入った封筒に入れてくれることはよくあるが、
これは実に粋。
001.jpg
領収書入れを「捨てたくない」と思ったは初めてである。

この
「捨てたくない」
が、前述の“リリース”において、とても大事な感情だと思う。
物でも思い出でも、そのホテルに滞在して、
「捨てたくない」
と思ったものが何か1つでもあれば、お客様は、
「またあのホテルへ行きたい」
と、再度、ホテルへのアプローチを歩んでくれるのだから。

002.jpg


posted by HOTERES at 21:17| ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。